エコペイズを使うにあたって考慮すべきこと

オンラインカジノの入金手段のエコペイズとは?

オンラインカジノにおけるecoPayz(エコペイズ)はどういったものなのかというと、入出金手段の代表的な手段の一つです。
決済システムであり全世界で使用されており、ネッテラーに代わる、オンライン電子マネーです。
クレジットカードや銀行振り込みもオンラインカジノの入金方法として利用されていますが、この場合入金のみだったり、銀行の場合には手数料がかかってくることがデメリットです。

しかし、エコペイズならこれらの手段に代わり、入出金のどちらもが可能です。
また、エコペイズの残高はデビットカードなどを使用し、コンビニ・郵便局のATMで引き出せます。

その他にも、エコペイズは通常のショッピングでも使用できますので、大変利便性が高い決済システムです。
オンラインカジノを行う上でぜひアカウントを作成しておきたいものです。

運営会社はどこ?

エコペイズの運営会社は英国のPSI-Pay Ltdというところで、こちらの会社は金融行為監督機構というイギリスにおける金融庁のような存在から認可を受けており、非常に信頼できる会社です。
ヨーロッパでの高い認可基準をクリアしているということからも、エコペイズは安心できる高いサービスであることがわかります。

エコペイズの手数料の仕組み

エコペイズの手数料についてですが、エコペイズでは会員レベルが設定されており、アカウントのレベルが上がればそれだけ手数料がお得になるという仕組みになっています。
カード発行や更新については手数料が無料ですが、ATM出金手数料が2%。送金手数料が4%、為替手数料が2.99%となっています。

また、エコペイズは、USD口座に入金される際には、一度ユーロやポンドに一度換金されることになりますので、為替手数料が発生することを知っておきましょう。
したがって、入金するカジノの口座がUSDの場合、使用するエコペイズの口座もUSDに設定しておいたほうが、手数料を軽減することができます。

日本語サポートで安心

オンラインカジノの入出金手段であるエコペイズは、以前までは日本語化されていませんでしたが、今は日本語サポートがしっかりと整っていますので、安心して利用をすることができます。

このため、万が一何かトラブルがあった際もサポートを受けることができます。

残念ながら、まだライブチャットの対応はしていないのですが、近い将来、ライブチャットで日本語サポートを行うようになるのではないかと考えられています。

エコペイズへの入金方法は銀行や他の手法を考えるべき

これまで入金の方法として、クレジットカードが多く採用されてきたエコペイズですが、ついにクレジットカードでの利用が停止されました。
入金方法としては、銀行振込などの限られたものを利用しなければなりません。
つまり気軽に入金する方法が使えなくなってしまったのです。

エコペイズでの入金は、今後銀行振込を経由するユーザーが多くなってしまいます。
しかし、銀行振込は手間がかかることに加えて、海外送金という方法でもありますので手数料がかなり大きくなってしまいます。

エコペイズは海外の会社なので海外送金扱いになる

エコペイズへの入金方法で銀行振込を選ぶと、銀行口座の情報が掲載されています。
この講座の情報を見ればわかりますが、英語で全ての情報が書かれています。
つまり、エコペイズが提供している情報というのは、海外送金を行うための銀行口座を提供しているのであり、日本への銀行振込を行えるようなサービスを行っているのではありません。

海外送金ということになれば、手数料がかなり多くなります。
金額は固定されているのではなく、割合によって計算されて引き落としを受けます。
入金する金額に対して手数料が発生する形で、振り込まれる金額は手数料が差し引かれた状態となっています。

これにより手数料の分だけ入金額が小さくなってしまうので、結果的にクレジットカードを利用していた時よりもエコペイズへ入金できる金額は小さくなってしまいます。

エコペイズへの入金を諦める動きも

オンラインカジノでエコペイズを利用したいと考えるユーザーが多い中、入金サービスとしては利用しないでおこうと考える方も増えています。
他のサービスはまだクレジットカードを利用して入金が可能なものもありますので、アイウォレットなどに切り替えるようにして、出金対応だけ早く行われるエコペイズを利用しておく方法が使われています。

もちろん、エコペイズが今後新しい方法を利用して入金できるように変えれば、結果的にエコペイズを利用するユーザーは増えるでしょう。
新しい方法として挙げられているのはビットコインなどで、仮想通貨を利用する入金方法は模索されています。
これからさらに入出金サービスは増えていくことが予想されますし、日本市場を狙ってくる業者というのも間違いなく多くなるでしょう。
そうした時に、エコペイズはどれだけサービスの質を維持できるのかが注目されています。これからの動きには特に気を付けたい会社です。

Post Your Comment Here

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。